コンフォートタイヤについて

コンフォートとは[comfort=快適]という意味で、コンフォートタイヤとは乗り心地を重視した一般的な夏用サマータイヤを指します。

コンフォートタイヤの特徴

コンフォートタイヤは、快適性、乗り心地を重視したタイヤですが、近年ではエコタイヤやスポーツタイヤのジャンルでもこの快適性を取り入れ、プレミアムコンフォートタイヤが登場しています。

さて、タイヤにおいての快適性、乗り心地とは

  • 路面からの突き上げを緩和すること
  • ロードノイズを低減すること

これらの2点に絞られます。

路面からの突き上げ緩和については、サイドウォールの構造を変えて凸凹をタイヤそのもので吸収したり、ショックをスポンジで吸収するなどという技術開発がコンフォートタイヤで行われています。

また、ロードノイズの低減については、トレッドパターンの工夫によって騒音を低減させるコンフォートタイヤも登場しています。

さらにコンフォートタイヤは進化を続けています。
静寂性、快適性のみならず、操縦安定性やグリップ力、ハイドロプレーニングへの対応まで考えられたコンフォートタイヤもあります。

トレッドパターン、サイドウォール、コンパウンド等、タイヤの材質、構造に最新技術を応用したコンフォートタイヤが続々と開発中です。

コンフォートタイヤの弱点

快適な乗り心地とグリップ力、タイヤの剛性は反比例します。

高速走行でもタイヤの変形を極力抑え込み、コーナーでもしっかり踏ん張りが効くタイヤは果たして静かで乗り心地が良いか?と問われれば、なかなか「ハイ」とは言えません。

グリップ性能を最大限まで生かし、剛性を高めてゆけば、おのずとタイヤは硬くなり、しなやかさはなくなるのです。

ですから、本来ならば「乗り心地」を優先するのか「運動性能」を重視するのかを判断しなければならないのです。

ところが最近ではタイヤだけでなく、自動車本体の技術開発もあり、これらの2律背反が克服されてきています。

サーキットを走る場合は別として、高速道路や一般道を常識的な速度で走っている限り、現在のコンフォートタイヤは十分に快適性と安全性は確保されるでしょう。

コンフォートタイヤを通販で安く買うオートウェイ

オートウェイ

サブコンテンツ

このページの先頭へ