エコタイヤについて

エコタイヤ(低燃費タイヤ)

エコタイヤ(低燃費タイヤ)とは?

燃費を向上させるタイヤをエコタイヤ(低燃費タイヤ)と言います。

エコタイヤ(低燃費タイヤ)が燃費を改善、向上させる理由は
「転がり抵抗」を低減しているためです。

地面でボールを転がすといずれ止まるのは

  • 空気による「空気抵抗」
  • 地面とボールの間に発生する「摩擦抵抗」
  • ボールが変形することによる「エネルギーの消費」

これらの3つを「転がり抵抗」と言います。

車はエンジンの力で推進力を産み出し、前進します。
同時にタイヤの「転がり抵抗」によって前進を止めようとする力が発生します。

自動車のタイヤの場合、「タイヤの変形によるエネルギーの浪費」が転がり抵抗を生む原因となっています。

ですからタイヤが変形しない、鉄輪のようなタイヤならば燃費は大幅に向上することになります。

しかし、一方で「転がり抵抗」を低減させることは、乗り心地やグリップ力の低下を招くことにもつながります。急ブレーキが効かないといったことにもなりかねません。

この相反する2つの問題を解決したのがエコタイヤ(低燃費タイヤ)です。
つまり、タイヤ性能(しっかり止める)を維持しつつ、転がり抵抗を低減するということです。

エコタイヤを通販で安く買うオートウェイ


オートウェイ

エコタイヤの基準(低燃費タイヤラベリング情報)

エコタイヤ(低燃費タイヤ)と言われるからには、ちゃんとした基準があります。

(社)日本自動車タイヤ協会(JATMA)の定めた基準は

  • 転がり抵抗係数(RRC)
  • ウェットグリップ性能(G)

これらをグレーディングシステム(等級制度)に則り評価しています。

転がり抵抗係数(RRC)単位:N/kN等級ウェットグリップ性能(G)単位:%等級
RRC≦6.5AAA155≦Ga
6.6≦RRC≦7.7AA140≦G≦154b
7.8≦RRC≦9.0A125≦G≦139c
9.1≦RRC≦10.5B110≦G≦124d
10.6≦RRC≦12.0C

 

    上記の表の中で

  • 転がり抵抗係数(RRC)の等級が「A」以上、かつ
  • ウェットグリップ性能(G)の等級が「a~d」の範囲内にあるもの

この基準をクリアしたものがエコタイヤ(低燃費タイヤ)として
以下のような統一マークが表記されます。

グレーディングシステム(等級制度)
エコタイヤを通販で安く買う

オートウェイ
オートウェイ

サブコンテンツ

このページの先頭へ