スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤは見るからに違いがわかります。

トレッドパターン

雪路や凍結した道路を走行するために開発された、スタッド(鋲)のないタイヤをスタッドレスタイヤと言います。

以前はスパイクタイヤが主流でしたが、アスファルトをスパイクが削ることで、粉塵被害が問題となり使用が禁止されたために開発されたスノータイヤの一種がスタッドレスタイヤです。

トレッドパターンや材質に様々な工夫が凝らされていて、一般的な夏用タイヤ(サマータイヤ)に比べ、スタッドレスタイヤは駆動力や制動力をより大きく路面に伝えます

詳細はトレッドパターン用語をご覧下さい。

 

スタッドレスタイヤの構造

スタッドレスタイヤは積雪路や凍結路での走行を前提としているので、一般のサマータイヤと比べ、構造や材質に以下のような特徴があります。

【溝の深さ】

サマータイヤと比較すると、スタッドレスタイヤは深い溝に特徴があります。

雪路で深い溝が雪を噛んで圧縮することで「雪柱剪断力」が生まれ、これが駆動力となります。
また雪はタイヤが回転する間にスタッドレスタイヤの深い溝から剥がれ落ち、再度接地したときには、新たに雪を噛みます。

【材質】

スタッドレスタイヤのゴムは 温度の変化に硬さが左右されにくいゴムを使用しています。

具体的には極寒の路面でもタイヤのゴムの柔軟性が保たれ、また常温でも溶けないゴムを使用しています。

さらに、スタッドレスタイヤは気泡を含んだゴムを使用、吸水・吸着効果をアップさせて凍結路でのグリップを向上させたり、ガラス繊維やクルミの殻を材質に加えて、引っ掻き効果を向上させる工夫なども行われています。

【サイプ】

スタッドレスタイヤにはトレッドの溝を構成するブロックにサイプと呼ばれる細かい溝が数多く掘られています。

このサイプによってブロックが変形して多数の「エッジ」が作られることで、凍結路や圧雪路で路面を引っ掻くようにしてグリップを得ています。

【プラットフォーム】

溝の深さが新品に比べて半分以下になった場合、スタッドレスタイヤとしては使用できなくなります。

通常のタイヤには磨耗による使用限度(残溝1.6mm)を示すスリップサインが仕組まれていますが、スタッドレスタイヤにはこのスリップサインに加え、すべり止め装置としての使用限度を示すサイン(プラットフォーム)も仕組まれています。

スタッドレスタイヤ構造

 

スタッドレスタイヤの表記

スタッドレスタイヤのサイドウォールにはスノータイヤであることを示す表示がされています。

表示例

・SNOW
・STUDLESS
・M+S

 

スタッドレスタイヤの弱点

  • 温かい路面に注意
    路面温度が氷点下前後の場合、スタッドレスタイヤは0℃を数度下回る温度以下(タイヤ作動温度領域)で本来のグリップ力を発揮するので、比較的暖かい路面状態ではその力を100%発揮することが出来ません。

  • 排水性に注意
    排水性の悪いスタッドレスタイヤもあるのでハイドロプレーニング現象に対する耐性が低い場合があります。

  • 四輪全部交換を
    駆動輪のみのスタッドレスタイヤ装着は誤用で、十分な性能を発揮することができない場合があります。

スタッドレスタイヤは万能ではありません。

急加速、急ハンドル、急ブレーキには対応できない、と考えておきましょう。

 

スタッドレスタイヤを購入する際の注意点

タイヤ交換・取付作業でも解説しましたが、スタッドレスタイヤにもホイールが必要です。

夏用サマータイヤをスタッドレスタイヤに組み換えてホイールはそのまま使用することもできます。

しかし、
サマータイヤ⇒スタッドレスタイヤ、スタッドレスタイヤ⇒サマータイヤ
このように1年間に2回の組み換えをしなければなりません。

その際の組み換え工賃は

例:(1,500円x4本)x2回=12,000円(年間)となります。

コストを考えた場合、例年スタッドレスタイヤを使用しなければならない地域のドライバーはあらかじめホイール付のスタッドレスタイヤを購入、準備しておくほうが良いでしょう。

脱着工賃(組み換えなし)

例:(500円x4本)x2回=4,000円
パンク時に自分でスペアタイヤに交換できる方は自分でスタッドレスに交換できます。





サブコンテンツ

このページの先頭へ