タイヤの種類についての用語

コンフォートタイヤ

コンフォートタイヤは乗り心地、快適性を最優先で追求したタイヤです。路面からの衝撃を吸収して振動を抑え、トレッドパーンを工夫して静粛性の向上を実現したタイヤです。

詳細については、「コンフォートタイヤについて」をご覧下さい。

スポーツタイヤ

スポーツタイヤは、強力なグリップ性能がその大きな特徴です。そのためトレッド面のブロックが大きくウェット性能の向上のため、溝も深くカットされています。

スタンダードタイヤ

その名前の通り、スタンダードなタイヤです。基本的性能にはまったく問題はありませんが、特別際立った特徴もありません。コストパフォーマンスに優れたタイヤです。

プレミアムタイヤ

タイヤの中でも最上級に位置するカテゴリです。「プレミアムコンフォート」「プレミアムスポーツ」といった使い方をします。

エコタイヤ(低燃費タイヤ)

低燃費タイヤの性能要件は、タイヤのラベリング制度で転がり抵抗係数が「A」以上、ウェットグリップ性能が「a」「b」「c」「d」の範囲内にあるタイヤです。

詳細については、「エコタイヤについて」をご覧下さい。

サマータイヤ

サマータイヤとは高速道や一般道で使用される夏用のタイヤで、新車の時点で装着されている一般的なタイヤの事です。

スタッドレスタイヤ

スタッド(スパイク)がない(レス)という意味からスタッドレスタイヤと呼ばれます。冬用のスノータイヤの一種で、タイヤの素材やトレッドパターンに特徴があります。一般的な降雪路ではその性能を十分に発揮しますが、路面温度が0°程度の温かい温度だったり、アイスバーンの路面ではその性能を十分発揮できません。

詳細については、「スタッドレスタイヤについて」をご覧下さい。

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ (Run flat tire) とは、パンクして空気が抜けた後でもそのまま100 km程度の距離を走ることができるタイヤです。急な空気圧減少による操縦不安定を回避できる、スペアタイヤの搭載が不要といったメリットがあります。

チューブレスタイヤ

タイヤ内部に「インナーライナー」というゴムシートが貼付けられていて、チューブの役目を果たしています。パンクしても一気に空気が漏れない、タイヤ内部の放熱効果が高いというメリットがある反面、パンクをしても気づかないというデメリットがあります。

低偏平タイヤ

扁平率が40以下のタイヤを低扁平タイヤと呼びます。一般的に低扁平なほど乗り心地が悪くなります。

オフロード用タイヤ

泥濘やダートなど荒れた路面を走行するためのタイヤです。厳しい条件の路面にも対応するため、ブロックタイプのトレッドを採用しています。

詳細については、「SUVタイヤについて」をご覧下さい。



サブコンテンツ

このページの先頭へ